「みさと福祉会」へ働いた人の話し|転職のための求人新聞【求人経済新聞】

「みさと福祉会」へ働いた人の話し

2015年5月8日

後藤アヤメさんは「みさと福祉会」にてどんな仕事をしていたか?

後藤アヤメさんの仕事は、施設を利用している利用者さんの生活支援スタッフをしていました。この生活支援スタッフというのは、ヘルパーと同じような仕事ではありますが、その施設内の清掃や身の回りのお世話というのがメインになります。ヘルパーと同じような仕事と言いましたが誤解があります。それは直接ご利用者様に対しての介護をしない仕事です。介護士やヘルパーの人が直接介護をする場所を綺麗にしておくのが生活支援スタッフの仕事です。

 

後藤アヤメさんが感じた難関な壁とは?

性格上の問題で、ご利用者様を介護したいと感じる日々が続きました。ですが、資格がないので介護をすることはできませんでした。気持ちを切り替えて生活支援の仕事に打ち込みましたが心の奥では介護をしたいと思っていました。それでも変えられない自分に苛立ちを覚えていました。

 

それに対してどう乗り越えたのか

性格が真っ直ぐで曲がった気持ちが無く、全てが直球の性格なので一度したいと思ったことは何があってもしてやるといった気持がありました。したいと思ってからすぐに行動してまずは介護職員初任者研修の資格を取得しました。後にケアマネージャーの資格を取得しようと考えながら仕事をしています。

 

人間関係などについて

ここのスタッフは、多くの人が向上心を持ち仕事をしているので、嘘のように感化されます。しかもいい具合に感化されるので自分のレベルが知らないうちに上がっていきます。

Copyright 転職のための求人新聞【求人経済新聞】, INC. All Rights Reserved.