引田給食株式会社の求人を見て転職を考えた|転職のための求人新聞【求人経済新聞】

引田給食株式会社の求人を見て転職を考えた

2014年4月20日

引田給食株式会社の転職求人は、スタッフの事をしっかりと考えたプログラムを組んでいると感心した反面、スタッフだけではなくご利用者様の事も考えていることが分かりました。

 

引田給食株式会社の求人の写真に惹かれた

引田給食の調理師になろうと転職を決めたのは、求人誌に使っていた写真に惹かれました。私が知っているのは、基本的に給食の写真だけを載せているのですが、引田給食の転職誌には調理師の写真が掲載されていました。よほど調理師に自信があるのか?信頼しているのか?と考えました。求人には、調理師と調理補助がありました。私は、写真だけに惹かれたのではありません。職場見学もOKという所に本当に惹かれました。写真だけでは、やはり現場の感じは分かりづらいですが、そこで体験できるのであれば体験をした方が転職しやすくなります。転職の失敗は生活にかかってきますので慎重にしなければならないと思っているからです。

 

調理師の仕事紹介

調理師補助は、無資格でもOKと書いてありました。私は、調理師になりたくて免許を取得したので調理師の仕事内容と職場についての記事を見ました。職場は福祉施設内での仕事でした。勤務時間は、6:00~19:00の間でシフト制となっていました。休日は、月に4~8日とありましたが、相談に応じますと書かれていたので相談しようと思っています。転職誌の中に、スタッフの声も書かれていました。コメントには「少し遠い所から来ているのですが、車通勤を許可してもらっているので、とても楽に通勤しています。」とありました。私は、もし転職が成功すれば、車通勤はしないで電車で行こうと考えています。車では何が起きるか分からないでの施設のご利用者様の事を考えるのであれば車より電車の方が確実に安全だと思ったからです。

Copyright 転職のための求人新聞【求人経済新聞】, INC. All Rights Reserved.