「浪速うどん」へ働いた人の話し|転職のための求人新聞【求人経済新聞】

「浪速うどん」へ働いた人の話し

2015年6月19日

木崎唯斗さんは「浪速うどん」にてどんな仕事をしていたか?

ここでは、うどんの麺は自家製で作っていたのでオーナーに教えられたとおりに、オーナーが準備してくれた水、粉を使って麺を作っていきます。教えられた通りに作って行くのは簡単でしたが、オーナーからOKを貰うのは本当に苦労しました。麺を作ってオーナーから今はOKを頂いていますが以前は全く無理でした。その無理な時は、ホールを中心に仕事をさせて頂いていました。その時期があったからこそ今の私がいます。

 

木崎唯斗さんが感じた難関な壁とは?

キッチンとホールの両方をしました。キッチンでする料理に関しては実力も上がって楽しかったのですが、どうしてもうどんの麺を作ることが出来ませんでした。何度も何度もオーナーが作っているのを真横で見ているのにも関わらず味が全く違う物出来ていました。

 

それに対してどう乗り越えたのか

オーナーがうどんを作っているのを防犯カメラで何度も何度も見て練習しました。何度も何度も見て作っている時に、要約オーナーと私の作りかたの違いを発見しました。私は捏ねてから寝かしていないが、オーナーは捏ねてから寝かしている事に気が付きました。だからうどんのコシがあったのだと思いました。

 

人間関係などについて

頑固な性格でしかもしつこい性格などでもあるので嫌われることも多いですが、嫌いな物は嫌いとハッキリと言っていたので一緒に働いていたスタッフにからは今で一緒にご飯を一緒に食べたりしている中です。

Copyright 転職のための求人新聞【求人経済新聞】, INC. All Rights Reserved.