「株式会社 流」へ働いた人の話し|転職のための求人新聞【求人経済新聞】

「株式会社 流」へ働いた人の話し

2014年9月9日

斉藤さんは「株式会社 流」にてどんな仕事をしていたか?

株式会社 流は、そばの製造会社なのですが、私は、その会社で経理事務をしていました。経理事務野仕事は本当にしんどいと思います。経験して分かるのですが、会社の金庫番と同じなので間違いは絶対に起こしてはいけません。常に緊張感を保ったままでの仕事は本当に神経をすり減らす仕事でした。

斉藤さんが感じた難関な壁とは?

私は経理の仕事をしていて、会社の人との人間関係が問題で転職をしたのですが、ここは前の会社の何倍も仕事がありついていけないと思いました。本当に超えることが出来ないと思った壁は、機械音痴の私にマイクロソフト認定資格を取得しなければ仕事を任せることが出来ないと言われた時は転職煮失敗したと思いました。

それに対してどう乗り越えたのか

転職に成功したと思ったら苦手で大きな壁を作ってくれたことに反発しましたが、反発するだけ無駄な労力だということに気がついて不得意な物を得意とまではいかなくても普通に使えるようにしようと心を決めて取り組みました。

人間関係などについて

意地悪な人はいないのですが、きついことも辛いことも全てストレートに言ってくれるので精神的に鍛えられる店だと思いました。

この会社での思い出

転職後に行った社員旅行で、全社員にまとまりがないことが分かりました。私は、凄いと思いましたがまとまりはないのに作業中は一致団結している凄さにより惹かれました。

Copyright 転職のための求人新聞【求人経済新聞】, INC. All Rights Reserved.