「TANAKA-ITカンパニー」へ働いた人の話し|転職のための求人新聞【求人経済新聞】

「TANAKA-ITカンパニー」へ働いた人の話し

2014年10月18日

園田さんは「TANAKA-ITカンパニー」にてどんな仕事をしていたか?

システムエンジニアの仕事をしていました。企業内で使う営業管理システムの制作を担当していました。ご要望頂いた内容に合わせて、オリジナルでプログラムを開発し、納品、アフターフォローまで行いました。

園田さんが感じた難関な壁とは?

プログラムでバグが出てしまい、なかなかうまく修正できない時が多々ありました。バグがよく分からなかったり、修正してもちゃんと動かなかったりした時は本当に困りました。

それに対してどう乗り越えたのか

同じチームの同僚や先輩に相談しました。まずは、自分だけで直せるかチャレンジしましたが、どうしても直せない時は、誰かに相談していました。ずっと同じところでつまずいていては、前に進めませんからね。相談して、同じことは何度も聞かないようメモをとって、しっかり学ぶようにしていました。

人間関係などについて

同僚1人と先輩2人と仕事をしていました。先輩方は、困った時いつも助けてくれました。なんでも相談しやすい雰囲気で、いつも気軽に相談できました。でも、あまり調子に乗ると、怒られることもありました。同じことを何度も聞いたり、ろくに調べずに聞いたりした時は、注意されました。当たり前ですよね。

この会社での思い出

思い出は同僚と二人で残業したことです。基本的に残業はしないようにしているんですが、プログラムが行き詰った時や、納期に間に合わない時はたまに残業しました。社内で二人だけになって、カップラーメンを食べたりしながら、ああでもないこうでもないとよく議論したものです。

Copyright 転職のための求人新聞【求人経済新聞】, INC. All Rights Reserved.