「サンチェスツアー」へ働いた人の話し|転職のための求人新聞【求人経済新聞】

「サンチェスツアー」へ働いた人の話し

2014年12月24日

末平弾さんは「サンチェスツアー」にてどんな仕事をしていたか?

末平弾さんは、サンチェスツアーで企画営業の仕事をしていました。企画営業とは、営業の人達がそれぞれのアイデアを出して日本に来る諸外国の方々を日本の名所に行くというツアーの企画です。どの観光名所に行き、何処で買い物をしてもらうかを考えてそこに掛かってくる費用やマージンを算出する仕事をしていました。

 

末平弾さんが感じた難関な壁とは?

「企画倒れ」という言葉を聞いたことがあると思います。これは何かといいますと、企画するだけで終わってしまうということなのです。企画しても現実に出来ない事をいうのです。末平さんもいくつもの企画を提案してきましたが費用のことなど考慮した時に、実現させることの出来ない企画だと分かり断念したことが何度もあります。理想だけを求めてもいけないし現実だけを考えると夢のないツアーになってしまうので人気が出なくなります。理想を限りなく現実に持ってくることが本当に難しいのです。

 

それに対してどう乗り越えたのか

ツアーに妥協しないで、無料ツアーと合せることでコストの削減をする事により理想のツアーを実現させることが出来るようなりました。

 

人間関係などについて

会社では、お互いがライバルの形で切磋琢磨していますが、会社が終れば歳も年齢も違う同僚が本当の兄妹のように付き合いをしています。会社内外でしっかりとONとOFFが出来ている仲間です。

Copyright 転職のための求人新聞【求人経済新聞】, INC. All Rights Reserved.