「バイクの疾風」へ働いた人の話し|転職のための求人新聞【求人経済新聞】

「バイクの疾風」へ働いた人の話し

2015年1月15日

高橋隼人さんは「バイクの疾風」にてどんな仕事をしていたか?

高橋は、バイクの疾風で主にメンテナンスと調整の仕事をしていました。バイクの修理は車の修理と違い接触などで簡単に傷がついたり凹んだりしないようにコーティングがされています。ですが、そのコーティングが取れてしまえば簡単に傷が付いてしまうので綺麗にバイクを扱っている人は最低でも1週間に1回はコーティングをかけています。そのコーティングの仕事も調整の中に入るので高橋の仕事です。

 

高橋隼人さんが感じた難関な壁とは?

高橋がこの仕事をしていて一番難しいと感じたのはコーティングが終了した後のバイクの内部にある配線の付け替えです。この配線の付け替えをしなければバイクは始動しません。順番から言うと配線の付け替えが終わってからのコーティングなのですが順番を間違えてしまったという最大の難問にぶち当たったことが1度だけありました。

 

それに対してどう乗り越えたのか

コーティングが乾ききる前にカウルなどを綺麗に外して倉庫内に保存してから配線を付け替えて終わったと同時にもう一度新しくコーティングし直しました。

 

人間関係などについて

以前の会社でも順番の間違えをしたことがありました。転職してから始めて大ポカをしてしまったのですが、私が犯したミスも自分のことのように考えてくれるスタッフがいることは本当に感謝しています。本当に転職して良かったと思っています。

Copyright 転職のための求人新聞【求人経済新聞】, INC. All Rights Reserved.